My dream journal

①睡眠中に、あたかも現実の経験であるかのように感じる一連の観念や心像。視覚像として現れることが多いが、聴覚・味覚・触覚・運動感覚を伴うこともある。②将来実現させたいと思っている事柄。③現実からはなれた空想や楽しい考え。④心の迷い。⑤はかないこと。たよりにならないこと。(デジタル大辞泉)

2019/07/28 息が吸えない

  肩の高さほどあるシーソー型の長方体の箱。片側に医者、片側に私がいる。箱は文字通りカタンカタンと音を立ててシーソーのように動かせる。私の側には空気を吸う機械や、椅子がついていて、私は歯の治療をされようとしている。騒ぐほどではないが時々わけもなく息が苦しくて、レジのピッとする機械みたいな子機から空気を吸っては平気なふりをしている。

 色んな治療を試された。目をつぶらされ、チョコレートを口に入れられた。ロッテのダース。油か何かの成分が口にいつも合わないなあと思う。治療を受ける間、家族が協力してくれて、チョコレートを私の口に入れたり、楽しくて笑ってしまう。

 最後に医者が試したのは、アーモンドを箱の中で温めるというもの。箱の中、目の前に迫る熱板に驚いて火が灯る前に押し避けた。アーモンドがぱちぱち音を立て始め、医者がシーソーを傾け、私の方にアーモンドが一斉に落ちてきて、私は悲鳴をあげた。シーソーの箱の外で観客が笑っている声と家族があらあらと笑いながらも焦っている声がする。

 

 

---

 

結果的に治らない歯の治療の夢は、現状抱えている問題がなかなか解決しないという意味。

2019/07/16 大量の茹でたきゅうり

 何人か知った顔のある、全体では30人ほどいる部屋で私たちはぺら一枚置かれたA3の紙を囲み食い入るように見ている。司会か採用担当か、一人だけ立場の違うベリーショートの背筋の通った女が大きな口で「あなたはそれを選ぶのね」などと口を出してくる。A4の紙が回ってきて選んだアルファベットを名前の横に書かされた。

 私が選んだのは「俳優Tにひたすら茹でたきゅうりをサプライしつづける」というもので、他にも「世界で一番臭いチーズを大量に溶かして製品化する」など肉体的に過酷なものばかり並んでいた。その中からましそうなものを仕方なく選んだ。ベリーショートの女が「へえ。それが一番楽だと思った?」と言うのを恐ろしくて無視した。周りの皆もそれぞれ頭の中で自分と相談して判断した自分にとってまだましな任務を選んでしぶしぶ書いているようだった。一体何リットルの湯で茹でるのだろう、一回に持つ茹で上がったきゅうりは何十キロだろう、茹でる間息もできないような湿度と温度の場所に置かれるのだろうななど、いま目の前の女がやたらに楽しそうな理由を想像して絶望を深める。

 夕方になりきらない午後、私は同い年の男と外を歩いている。小学校のグランドを抜け道して、山を少しずつ登る。男は明るく、下品までいかなくとも粗野な感じのする人だった。その性格や醸す雰囲気の中に仄暗さが見えるのは、選ばされて働かされた任務のせいだと思う。落ち着いた口調で話され、私は安心している自分に気づく。私はこの人と一緒になるんだろうなと思う。こんな野暮な人を夫にするとは思いもしなかったなと思う反面、この人といれば安心で離れたくないと思う。

 

---

 

チーズが臭いお店に行ったからかな…。

2019/5/29 藻に毒される

 田舎らしい独立店舗型のスーパーマーケットの中を縦横無尽に棚の上にものぼりながら走り回っている。空気という目に見えない箱の中で無数の目に映らない細かさの生物がビリビリと音を立てると、私は音の方に向かってレーザー銃のような駆除の機械を発射させる。「きりがない。思っていたより進行しているじゃない。」と呆れた気持ちでいる。パートらしい初老のおばさんが短い脚で懸命に走り、ビリビリという音にワンテンポ遅れて攻撃を加えているのを横目に見て「おっそ。この人しかいないのね。」と哀れみと焦りの気持ちを抱く。

 その昔、生物研究員の男が藻を育てた。その藻の幼生は長いトゲのある球体型で、中心にある裂け目(目だろうか性器の穴だろうか)を閉じたまま、絶えず形を変えながらだんだんと大きくなった。研究室の片隅、風呂桶のような水槽の中のその藻を研究員の男は忙しさにかまけ気に留めていなかった。ある日から藻は歌を歌った。詩の内容は「あなたに会いたい。あなたに会いに来た。」というような内容で、恐ろしくそして美しく甘い響きを持った背筋の凍るような旋律で、空気に溶けるほど微かに。人の長さほど伸び、茎は人の形を真似る。そして藻は毎夜歌を歌った後、女になった。緑がかり濡れている女を風呂桶に見つけた研究員は、怖ろしさに震えると同時に女の美しさに捕らわれた。男は女を殺せず藻から人の形となったその生物の末裔によって、私は今目に見えない微生物を駆逐しようと全身の筋肉と頭を働かせている。

 棚の間の通路を渡り歩いて、一列ごとの空気の長方体にビリビリという音を感じ、バチバチと微生物が床に落ちる音に変える。この店にはもう多くいすぎてきりがない。パートのおばさんが息を切らしてゼエゼエ言っているのが聞こえる。「なぜこうなる前に駆除しておかなかったのか」と心の中で責任者とおばさんを責め立てる。冷凍庫のガラスのドアが20cmほど開いているのが見え、「ああここには人型になりかけているやつがいる」と確信した。

 客だろうか、茶髪ロングの細い女が怒って商品のバターをおばさんに投げつけている。それを尻目に私は店を爆破した。きりがないから。

 駐車場に出ると白いスポーツカーがすぐそこに止まっている。さっきの茶髪女らしい高飛車な車だなと思う。それを通り過ぎ、私の白いスポーツカーに乗り込む。助手席の細身の母は私と同じ顎までに切りそろえたボブヘアで座っている。「遅かったわね。何してたのかは聞かないわ。」「○○さんがね、ソウルにいるから、行くわよ!」と優しく明るい調子で勝手なことを言う。「ソウルって海越えるでしょ、何言ってるの」と言いつつ車を発進させる。

 

---

 

 この頃夢を見ない。良いことだけどつまらない。

 サリンジャーの「笑い男」、「シェイプオブウォーター」その他今までに読んだり観たりしてきた物語がミックスされたような話だな。特に藻の体表面の裂け目はサリンジャーの本から来ているのを確信。読んだときは何とも思わないつもりだったけど、強烈だったのかしら。

2019/04/29 逃亡

 1人の背中が階段の前にある防犯ゲートの横をすり抜けて7段ほどを駆け上っていく。もう1人のNも短い警報音を鳴らせて身体を少し斜めにしている。後ろに続いていた私は「えっ?(通って)いいの?」とNに聞く。振り返ったNは「うんうん!大丈夫!ほら誰もこないし。」と軽々と階段を上っていった。おそるおそる防犯ゲートの隙間に身体を差し込み、3段ほど上ったところで上から女の警備員が2人降りてきた。「こちらの警備のものです。ここは立ち入り禁止ですよ?身分証明書はお持ちですか?」と。私は「え?ああ、そこって本屋さんじゃないんですか?」とあたかも間違えただけというように言い捨てて、身を翻しはやる脚を抑えて階段を降り、早歩きでその場から離れようとする。人混みを切るように早足で歩きながら振り返ると、困惑にも戒めにも見える表情の女警備員が「あなたを追跡します。逃げられませんよ!」と言いながら後ろをつけている。

 なんとか逃げ切り、皆が乗っているバスに平然とした顔で乗る。後ろの座席の方まで行き、まだ痛い胸を飲み込むように隠して席に座る。このバスは順々にショッピングセンターやさきほどの場所を回るらしい。私は友だちに「私ちょっと気分が悪いの。次のショッピングセンターで降りるね。帰りの集合って何時かな?ありがとう、その時間にまたここで乗るね。」と伝えた。えー大丈夫ー?と楽しそうな雰囲気を引きずったまま友だちらは私を引きとめない。防犯ゲートをくぐり抜けようとした場所にバスの中でも近寄りたくなかった。あの女の人達は私を捜しているだろう、でもショッピングセンターで20分逃げ切って、地元に帰れればそれでもうバレない。我ながら小賢しいと思った。

 本屋の中を車いすに乗ってぐるぐるぐるぐる回る。

 

2019/04/09 座席のない飛行機の硬くて冷たい床

 蝶々が二匹飛んでいる。黄色のものと橙色に黒い柄のあるもの。黄色の約4cm四方の蝶々が私の方に向かって落ちてくる。私はそれを手で払おうとして腕を振り回すだけで払えない。

 

 座席のない飛行機の機内にいる。赤いポロシャツを着てパンツをはいた髪の短い女の人が、床にある縦30cm×横50cmの扉を開けて私に説明を始める。「人間は頭が重たくできているので、このバネがこのくらい傾くまで覗き込むのはやめてください。」覗いてみると右のところに青みがかったアルミのバネが付いている。「ああそういうことですね、これ以上は、ということですか」と頭を軽く下げると遠い遠い下の方に地上の街が薄青く見えた。

 スーツケースにもたれるようにして床に座り込んでいる。外の空気をかき分けて進む音で機内は独特の音がしている。目の前を動く人や、周りに座っている人々に目をやる。国籍が様々だ。

 Yがスーツケースを持って私の方に歩いてきた。まだ私には気付いていないようだ。嬉しさがこみ上げ、自分のスーツケースを守ることも忘れて抱きついた。

 

---

 

二度寝したので夢が繋がれたか、どちらかを忘れた。私はやたら蝶々が落ちてくる夢を見るんだけどなんなの?

2019/03/29 ショッピングモールの真ん中の

 父と弟がキッチンで袋麺を作っている。私も「プルタックポックンミョン貰ったの。辛いんだよ!食べたことある?」と同じく作り始める。父がお湯をよいタイミングで沸かしてくれたり場所をあけてくれたりしながら作る。ダンボールの中に麺と赤いソースを入れてかき混ぜた。なかなか混ざらず何度も力を込めて混ぜた。

 三角の一角を持ってびよんと伸ばしたような餅状になり、箸の先に刺した。見ると一辺に黒いつぶつぶが並んで付いている。蟻だった。見るたびに数を増し、最後には箸をつたって手にまで蟻が溢れた。私は困るとまず笑ってしまう。笑いながら叫びながら、手に持ったそれを投げ捨てた。

 父と弟との3人で広いショッピングモールのレストランにいる。私は食後に席を立った。外に出てエスカレーターを上っていると同級生が5人いた。まず近い3人(YNとINだけ覚えてる)が私に気付いてくれて目線を送られ、私は距離をつめた。その奥にいる2人(うち一人W)は何か楽しそうに話していて目は合わないが、親しい仲なので私はそれを気にしない。

 徐々に皆とバイバイしていく。まず3人がどこかのフロアでエスカレーターを降りた。2人と私1人になった時、突然に赤いスパンコールの服を着た若い女性2人組がエスカレーターを駆け下りてきて、その列に一人でいた私は「きゃっ」と大きな声を出して避け、「本気でびっくりしちゃった…」と笑う。

 その頃になって、父と弟をレストランに待たせていることが気になり、スマホを見る。「おい、お手洗いで何の仕事しとるんや(笑)」と父か弟のどちらかからLINEが来ていた。残りの2人ともどこかのフロアでまたねと手を振って、レストランのあるフロアについた。

 

 

---

 

最近は夢を見ても覚えてないか、書き留めておく価値のないものやちりぢりに細切れなものが多くてこのブログは捗らない。眠るのは捗るけど。

エスカレーターが上昇して、中学の頃の同級生とさよならするなどしているので、よい夢であることは分かるし、卒業と就職が反映されてる。

2019/03/15 明るいベッドルームと暗いバスルーム

 Mさんは客室乗務員。会社が定めたいいホテルの一室の朝。それ自体が光っているような真っ白なベッドのシーツを見ながら、私は身支度に焦っている。なかなか外に出られる見た目に完成できない。それに比べてMさんは小綺麗な装いで余裕そうだ。「先に行ってるね」と涼やかな声で言いおいてMさんは部屋を出て行った。

 私は「間に合わせなくちゃ」と慌てて洗面室に這った。星か花かの形に切りだされた鏡が顔を映す。濃い紫の壁にくすんだ青緑のカーテンがかかった美しい洗面室だった。

 

 

---

 

 

ここまでしか覚えていない。夢で見たホテルはモダンで美しかった。このごろ夢を覚えていないことが増えた。